虹を追いかけて

繋いだ手に導かれるまま

舞台『アマデウス』を観る前に知っておいた方が良いと思うこと

舞台『アマデウス』が、10月2日13時公演で通算上演回数450回を達成されました。

おめでとうございます!!

凄いことです...

本当に、この素晴らしい舞台に出逢えて良かったなぁと思います。



舞台『アマデウス』は、もしかしたら難しいイメージがあるかもしれないけど、そんなに気負わなくても大丈夫だし、とても見やすい舞台だと思います。

でも、現代日本の話ではなく昔の西洋のお話なので、観劇中に馴染みのない単語等が出てきたりもしました。

と言ってもまぁ常識の範囲内というか、知ってる人も多いだろうことなんですが、一度しか観劇しない方も多いだろうし、小さな「?」が気になって物語に集中できなかったりしたらもったいないので、私が「?」と思って観劇後に調べたことや、観劇前に知っていて良かったことを簡単に載せておこうと思います。


-------


モーツァルトのフルネームは
ヴォルフガング・アマデウスモーツァルト」。


■「アマデウス」は「神に愛される」の意味を持つ。


サリエーリはモーツァルトより6歳上。
■コンスタンツェはモーツァルトより6歳下。
(モーツァルトは1756年1月27日生まれ)
(サリエーリは1750年8月18日生まれ)
(コンスタンツェは1762年1月5日生まれ)


モーツァルトの愛称は「ヴォルフィー」
■コンスタンツェの愛称は「スタンツィ」


■昔の西洋ではカツラが正装だった。


■シニョーレ
イタリア語で男性への敬称。
既婚女性への敬称はシニョーラ。


■梅毒(ばいどく)
感染症(ちなみに第一感染経路は性行為)。


16世紀後半から17世紀初頭に起きた友愛団体。
エプロンが正装。
民間人を対象とする国際的な互助組織がない時代だったので、会員であれば相互に助け合うというフリーメイソンは、困難を抱えた人間にとって非常にありがたかった。
フリーメイソンの入会儀式は秘密とされた。


-------


これくらいでしょうか。
本当に大したことないですね(笑)

私的にはフリーメイソンが謎すぎて、なんとなく聞いたことはあったけど調べてみた今もよくわかってません(笑)
宗教とはまた違うみたいだけどまあ近しいものなのかな。

それと、稽古期間中に大和田美帆さんがツイッターで、「ヴォルフィー」と「スタンツィ」という愛称を教えてくださってたのが良かったのでお裾分け。


あ、あと『アマデウス』は映画化もされていて私も先日観ましたが、個人的な意見として、映画『アマデウス』を観たことがない方は舞台観劇前に観ないことをオススメします。
わりと別物なので、先入観なく舞台『アマデウス』を観ていただきたいです。
これに関してはまた別記事を書きたい。


以上!

是非、沢山の方に舞台『アマデウス』を楽しんでいただけますように...♪