虹を追いかけて

ジャニーズWESTが好き。

ジャニーズWESTと中山優馬

ジャニーズWEST結成4周年、おめでとうございます!

 

2014年2月5日のことは、忘れないし忘れられない。
あんなに泣くこと、人生でそうそうないよ。

 

ジャニーズWESTがこの7人で良かった」
と、ことあるごとに心の底から思います。


ジャニーズWESTのファンで、幸せです。

 

 

そんな、結成4周年の今日。
たまたま、中山優馬の一万字インタビューを読みました。

 

忘れちゃいけない人。

 

優馬のことを考えると、いつも胸がぎゅってなる。
なんて言ったらいいのかわからない感情。
優馬に対しては、昔から今もずっと、複雑で整理できない思いがある。


はじめは妬ましくて、好きになれなくて、でも嫌いにもなれなくて、だんだん可哀想になって、でも可哀想と思っちゃいけなくて、悔しいくらいかっこよくて、でも残念な所もあって、好きになりたくて、でも好きになりきれなくて、愛おしくも思うんだけど近づきたくなくて、孤高の存在でいてほしいんだけど仲間に囲まれててほしくて、凛々しくいてほしいんだけど笑っててほしくて、遠くから見守っていたい。

 

そんな存在。

 


...やっぱりよくわかんないな(笑)

 


優馬自身のせいじゃないのに、事務所の優馬の扱いのせいで良く思えないことがたくさんあって、でも優馬はすごく良い子で、ひたむきにがんばってるから嫌いになれなくて、でも文句一つ言わないのが逆に癪に障ったりして、やっぱり好きにもなりきれなくて、でも優馬自身はやっぱりすごく良い子だしすごく魅力ある子で、認めざるを得ないんだけど認めたくなくて。
でもそんなの全部こっちの勝手で。

 

なんていうか、
もっと素直に、もっと真っ直ぐ、ちゃんと優馬を好きになりたかったなぁ...って、思う。

 

きっと素敵な子なのに、
好きになりたいのに、
好きにならせてくれなかった。

 

いつも孤独で、いつもアウェイで可哀想だから、味方がいてあげてほしい、って思いながら、私自身は味方になることができなかった(敵だったわけでもないけど)。

それは、私がB.A.D.のファンだったから。


なんかそういうやりきれない思いが、いまだに消えない。


でも、こっちが勝手にこんなことゴチャゴチャ考えてることなんてお構いなく、現ジャニーズWESTのメンバーと優馬がなんの衒いもなく仲良くしてるのを見て、勝手にほっとしてた。
そんな彼らが素敵だなぁって思って、自分はなんてあほらしいんだろうなぁって思った時、ようやく優馬のことが好きになれた。

 

なのに、せっかく念願叶った優馬と関ジュのコンサートも、一緒の舞台に立った『ANOTHER』も、優馬と関ジュは完全に切り離されてて、毎回がっかりしてた。

 

そうじゃない。
求めてるものはそうじゃない。

 

孤独でつらそうな優馬は見飽きたよ。
私が見たいのは、いつかのビリビリダンスみたいに、いたずらっぽい顔で笑ったり、みんなと楽しそうにくしゃくしゃな顔で無邪気に笑う優馬だよ。

 

 

ジャニーズWESTは、今の7人以外考えられない。
それはデビュー前からずっと変わらない。

優馬がいたら、とは思わない。

 

だけど、
たまには一緒にわちゃわちゃする彼らを見たい。
って、ふと思う。

 


今のジャニーズWESTがあるのはきっと優馬の存在があったからだし、今の優馬があるのはきっと今のジャニーズWESTのメンバーたちがいたから。

 

必死にがんばってきた人たちだけが見れる景色を、

一緒に見てきた人たち。

 


たぶん優馬は、ほっとくとずーーーっと滝修行しちゃうような人だから、たまに様子見て「おーい!一緒に温泉入ろうよ!」ってジャニーズWESTさんたちが声をかけてあげてほしい。


優馬の舞台とか気になりつつも全然見に行けてないし、最近の優馬のこと全然ちゃんと知らないのに昔のイメージだけで勝手なこと言って本当に申し訳ないけど、優馬の一万字インタビューが優馬らしすぎてしんどすぎて愛おしすぎて、やっぱり優馬には報われてほしいって強く思ったし、この私の勝手な懺悔のような気持ちを吐露したくなったので気持ちのままに書きました。

 

ジュニア時代には叶わなかった、

ジャニーズWEST優馬の8人で楽しそうにわちゃわちゃするコンサート。

 
いつか、近い未来に、見れるといいなぁ...

 

 

あーーーとりあえず、優馬ライバルの『Endless SHOCK』観に行きたい!!

 

でもその前に、早くWESTivalツアー宮城公演の日になれーーー!!(笑)